支会・支部活動に関して

  1. 社会貢献の場
    専門家経営コンサルティング、事業再生・M&A サポートを中心に地元企業の経営支援に貢献 することができるよう活動しています。

  2. 研修の場
    専門家集団として、会員相互の知識、技術の研鑽を積み、さらに実践に基づいた研修を 通じて、会員一人ひとりのレベルアップの為、研修を実施し、可能な限り会員同士のビジネス上の協力体制が構築できるよう努力しています。 また、企業訪問や工場見学など、現場から経営を考える研修プログラムなども数多く取入れています。

  3. 情報交流の場
    会員同士の情報交換やコミュニケーションを図るため、毎回、研修後や打合せ後に懇親会を行っています。また、一泊研修なども実施し、より一層の充実感が得られます。

  4. 場の提供
    学ぶことに意義があり、研鑽を積むことが自己成長につながる、との信念のもと、その「場」の 提供が研修会と捉えております。ご自分の研究テーマ等を発表する機会としても活用ください。 会員であれば 自分が所属する支会・支部活動の運営に参加することができます。各支会・支部 によって、活動内容や頻度が異なりますので、各支部のページをご覧ください。

関東支会

東京支部

東京支部

次世代へのバトンタッチを支部のスローガンとして、企業や組織で活躍する会員を増やしていきたいと決意しています。 会員・経営コンサルタント・経営者ための講座をオンラインサロンとして開講する予定です。また東京支部オリジナルでSNS展開します。

詳しくみる

埼玉県支部

埼玉県支部

台地と平地が多く自然災害が少なく、若年層の人口が多い、数少ない人口増加県であるという埼玉県の特徴と、先々人口減少が始まる埼玉県の将来を意識したいと思います。同時に中堅規模の企業をメインに想定して、アットホームな雰囲気で情報交換と勉強会を行っています。

詳しくみる

神奈川県支部

神奈川県支部

一人でも多くの方々に当支部会に入会いただき、支部会員相互の知識、技術の研鑽を積み、さらに実践に基づいた研修を通じて、事業活動に役立てていただきたいと思います。また、ご自分の研究テーマ等を発表する機会としても活用ください。 研修は座学だけでなく、企業訪問や工場見学など、現場から経営を考える研修プログラムなども数多く取入れています。

詳しくみる

三多摩支部

三多摩支部

研修会が主な活動となっていますが、テーマは経済、経営、流通、財務、税務、国際問題、環境問題、文化、芸術等多岐に亘っております。 学ぶことに意義があり研鑽を積むことが自己成長につながる、との信念のもと、その「場」の提供が研修会と捉えております。

詳しくみる

中部支会

愛知県支部

愛知県支部

会員の知識・技術向上を目指して、研修会を開催しています。 三重県支部、岐阜県支部の会員の方々と融和団結を図り、中部支会の活性化に努めて参ります。 時代に応じた講演会を開催して当協会の存在価値を社会にアピールしたいと思っています。

詳しくみる

三重県支部

三重県支部

経験豊富な会員の総合力を活用し、チームとして広角的視野から企業経営の革新を提案し、経営実績を積み上げ、日本経営管理協会の名を響かせることが重要と考えます。 具体的課題は①会員の増加を図る②提案先を確保する③提案内容の実現性向上の為に会員間の連携を密にする等ですが、これらの実現への取組みからスタートします。

詳しくみる

岐阜県支部

岐阜県支部

①半年に1回程度の岐阜県の中小企業経営情報について話合う場を設けること。
②研修会に参加して、中小企業経営支援のスキルアップをすること。
③愛知県庁や名古屋市商工会議所が行っている中小企業経営支援事業の受託を推進すること。

詳しくみる

北陸支会

北陸支会は平成27年に富山県支部が中部支会から独立する形で、石川県支部設立と併せて誕生いたしました。その縁で兄弟関係にある中部支会様とは今も、合同研修会・旅行などで会員相互の交流・懇親を深めております。 会員には税理士、弁護士、コンサルタントなどがおり平均年齢は50歳強と若く、日々、地元企業の経営支援に携わっております。 勉強も遊びも、「明るく、楽しく、為になる」そんな会を目指しております。 今後とも、新たな素敵な仲間との出会いを期待しております。

支会長:石川彰 / 副支会長:崎山強、小嶋純一

支会活動の趣旨

北陸支会の目的 北陸地域企業の「経営健全化」と事業の「継続発展化」に寄与すること。
研修活動 年間4回程度、土曜日午後から富山県支部、石川県支部合同で、小松、金沢、高岡、富山など持ち回りで行っております。
研修内容 「企業再生」、「事業再生ADR」、「M&A」などのテーマに絞り、主に実践的な勉強会を行っております。終了後の懇親会もセットになっております。

石川県支部

石川県支部

①中小企業の支援を通じた社会貢献
②専門家集団としての研修の充実
③協会組織の拡充強化

石川県支部は若い専門家が結集しており、彼らの活躍により地元企業の経営支援に貢献し得ることが期待できます。

詳しくみる

富山県支部

富山県支部

①人の輪
会員同士の情報交換やコミュニケーションを図るため、毎回、研修後や打合せ後に懇親会を行っております。
②学びの輪
会員ひとりひとりがレベルアップを目指し、学問としての勉強、机の上の勉強だけでなく、実践的な知識、ノウハウ取得もできる研修会にしたいと考えています。
③仕事の輪
会員の日々仕事にも繋がるような、会員同士の業務提携や、最終的には会として仕事を受注し業務を遂行することも目指しています。

詳しくみる

関西支会

大阪府支部

大阪府支部

コロナ禍において、社会経済活動が停滞し、そして僅か1年足らずの間に、地域の中堅・中小企業を取巻く環境も激変しました。 大阪府支部の会員の多くが、企業経営者の身近な相談者や支援者として活躍しています。 今年度の残り半年間は、〝Re-start〟に向けた準備期間と位置付けて、会員や連携先を増強し、危急の課題を抱える経営者が相談し易い環境を整え、叡智を結集してハンズオンで支援していける体制を構築していきたいと考えています。

詳しくみる

京都府支部

京都府支部

当支部は「M&Aスペシャリスト京都会」と称し、2020年9月に15番目の支部組織として発足しました。 「中小企業の3社に2社は、後継者がいない」状況は依然として改善の兆しが見られませんが、伝統産業や老舗企業の宝庫である京都においても例外ではありません。 協会の100%出資会社である「合同会社経営参与」とも連携を図りながら、ある時は単独で、またある時はチームで中小企業経営者に寄り添い、伴走し、京都の伝統(のれん)を後世へ橋渡しすることのできるスぺシャリスト集団を目指していきます。

詳しくみる

兵庫県支部

兵庫県支部

当支部は、2020年12月に16番目の支部組織として発足しました。兵庫県は、但馬、丹波、播磨、摂津、淡路と5つの国から成り立ち、北部日本海から温暖な瀬戸内まで、都市と自然、港湾に工業都市、人気の郊外住宅地、 里山に農村漁村と、まさに日本のミニ縮図といっても過言ではありません。広大でバリエーションに富んだ県土でもあり、各エリアの特性を知り尽くした支部として、地域の企業活動における課題解決のためのきめの細かい活動を目指します。

詳しくみる

東北支会

宮城県支部

宮城県支部

日本社会同様に会員の高齢化が進んでいます。次世代へのバトンタッチを支部のスローガンとして、企業や組織で活躍する会員を増やしていきたいと決意しています。

詳しくみる