•  
  • 経営管理士・経営監査士の資格を取得する:

  • 1 一般社団法人日本経営管理協会に入会する
  • 2 資格審査を行う
  •   資格審査は原則として書類審査(課題論文、入会志望理由書、人物推薦書)および面接を行い、
      申請者の学識、職務経験及び人格について行う。
  •   (1)「学識」とは
         ①大学を卒業した者又はこれに準ずると認められる者
         ②大学や短期大学等において豊富な教育経験がある者
         ③経営管理分野に関する著書や論文等の業績がある者
         ④公認会計士、弁護士、税理士、社会保険労務士、中小企業診断士、弁理士、技術士等
          法律に基づく職業資格または公に認められる検定資格のうち本協会が適当と認める資格を
          がある者
         ⑤当協会の一般会員であって協会が推奨する通信講座を受講し、終了証を交付された者
  •    (2)「職務経験」とは
         ①経営管理の調査研究もしくは経営コンサルタント業務に継続7年以上の従事経験がある者
         ②企業や団体等の経営者、管理者もしくは専門職として継続10年以上の従事経験がある者
  •    (3)「人格」とは
         ①経営コンサルタントとしての専門的適性があると認めた者
         ②高度な倫理性を備え、また倫理を遵守している者
  • 3 前項以外の申請者については、通信講座を受講し、修了証交付された者は資格審査対象となる。
  •  

経営管理士・経営監査士資格取得について