ワインの国産表示の厳格化

 

とてもよいことだと思う。10月30日から国産ワインのラベル表示が改められたという。
「日本ワイン」を名乗れるのは国産ブドー100%だけ。「ご当地ワイン」はその地域で収穫された
ブドウが原料の85%以上を占め、かつその地域で醸造されたものだけを指すことになった。小生は
どちらかといえば日本酒党であるが、たまにはワインも美味しく飲みたくなる一人だし、そのとき
は「日本ワイン」と言ってみたいから。


                                 (理事長 山田宏昌)

2018年11月05日